企業レギュレーションに沿った形で大量のコーディングを低コストで制作します

レギュレーションコーディング レギュレーションに沿ったコーディング

大規模プロジェクトで避けられない大量のコーディング業務を解決します。

 

サイトのリニューアル、CMSの導入、切り替えなどで、大量のコーディングデータが必要になったり、変換が必要になるケースがよくあります。
基本的には簡単な作業の繰り返しとなる業務ですが、量によっては膨大な時間とコストが発生する場合がございます。
エス・エー・アイでは多数のWEB制作実績とHTML解析エンジンの導入により、コーディング業務を半自動化することで大幅なリソース削減を行います。

1000ページのコンテンツリニューアルを1週間で納品

ある程度書式化されたコーディングデータに関しては部分的解析エンジンを経由することで、大幅に時間とコストを削減できます。
特にCMSの切り替え時などは SystemからSystemへの変換となるために、エクスポートデータをいただければインポートデータを生成して提供するなど、効率よくコーディングデータを提供できます。

シビアなマークアップが必要なケースも低コストで

ゼロからのコーディングはもちろん、リニューアル時にシステムではカバーしきれないシビアなコーディング業務に関しても、エス・エー・アイの国内、海外のリソースをフル活用することで効率よいコーディング業務を提供できます。
特にレギュレーションの厳しいコーディングに関してはマニュアルだけで全貌を把握できないケースなどがありますが、エス・エー・アイでは経験豊かなエンジニアによる、標準・固有のレギュレーションの理解により、確実な制作を行うことができます。

アイデア次第での効率化・低コスト化を図れます

作業が細かく分担されていくことで、各タスクは細分化されて、コストを引き上げるケースはよくあります。
エス・エー・アイではそれら細分化されたタスクを様々なアプローチで効率化します。
例えばレギュレーションが変更されたサイトのリニューアルの場合
・ サイトマップからHTMLの収集・マークアップの変換・保存(自動)
・ マークアップデータにて不足する画像のaltのリスト化 (自動)
・ 専用ツールでリスト化された画像のalt登録(手動)
・ 専用ツールに蓄積されたaltデータをマークアップに反映(自動)
・ マークアップデータをCMSに登録 (DB直接、RPA、FTP etc) (自動)
といった形で大半の業務を自動化できます。

スマホ対応、フレームワーク対応、共通化対応など専門的なご要望にもお応えできます。

例えば、フロントエンドを reactやvue.js などのフレームワークで実現している場合や、SSIなどを多用しているもの、Laravelなどのフレームワークによるテンプレートを利用している場合などは、開発ベンダー様にて変換業務を行う必要があります。
エス・エー・アイではそれら事前情報を共有いただくことで、上記に沿った形でのパブリッシュを行います。作業の二度手間を防ぐだけでなく、作業時点でのリスクヘッジも同時に行えるため、結合時のストレスを軽減させることができます。

Price プライス

ソリューション例

・定型フォーマットによるリニューアル
  • 基本設定
  • パブリッシュ業務(1000ページ)
  • データチェック(ランダムチェック)
  • データ納品・反映
400,000円~
・個別コーディング対応
  • ガイドラインに沿ったページコーディング
  • ※リソースデータ・ガイドラインあり
10,000円/1ページ

その他数多くの実績とパブリッシュのご提案ができます。詳しくは下記お問合せフォームからお問合せください。